省エネリフォームの主役となるエコキュートとは

家庭内で使用するエネルギー源は電気の他にもガスや灯油がありますが、エネルギー源を統一することができれば手間もかからずに経済性を追求することが可能となります。


リフォームと同時に省エネ対策をするには、エコキュートを含むスポット電化リフォームを導入するのが効果的です。省エネリフォームによってエコキュートを導入すれば、複数のエネルギー源に頼っていた生活スタイルを電気一本に統一することが可能です。


エコキュートとは、ヒートポンプと呼ばれる方式によって空気の熱でお湯を沸かすことができる給湯器を言います。



電気を使って大気中の熱をくみ上げることができる構造となっているため、効率よく省エネルギーを実現できるメリットがあります。



また日中よりも料金の低い深夜電力を利用してお湯を沸かすため、光熱費を抑えることができる点もメリットだと言えます。



反面、空気熱を利用するために冬場の気温が低い季節は効率が低下してしまうというデメリットや、タンク貯留式の構造となっているために設置スペースの確保が難しいというデメリットもあります。



ですからエコキュートのみを導入する場合には問題点も多くなってきますので、リフォームと組み合わせて行うことでデメリットを解決することができるのです。



火を一切使わないことでクリーンな環境と安全性を高められるというメリットがありますが、タンク貯留式となっているために断水した際の非常用として利用することも可能なのです。